Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

Ace工房製,R32スカイライン(GT-R含)専用バッテリー移設キットリリース検討


首題の件,バッテリー移設に伴うメリットはフロントヘビーな特にGT-R及びGTS-4は恩恵は大きい.フロントオーバーハングから約8キロ~10キロ(バッテリーサイズや銘柄による)の減量はコーナーリング時の回頭性に貢献する.

今までバッテリーの移設のメイン作業となるバッテリーケーブルの引き込みは確実に絶縁することが大事なのは言うまでもない.ショート=ヒューズ切れではなくバッテリー爆発や車両火災に直結となる.

そして,絶縁もだが不適切なケーブルの太さ,種類,使用用途にふさわしくない電材の選定などを筆頭に施工不良及び,振動や経年劣化,腐食など外的要因が影響すればセルモータの始動不良や充電不良だけでなく即,車両火災に繋がるのでキット化を避ける傾向にあった.
まぁ当時は“自動車電装”に携わる者としての社会的な責任など物凄く神経質に捉えていたのもある.では今はいい加減な考えか?と問われると決してそうではない.

しかしながら,近隣オーナーさんからも,「バッテリーは移設したいがスキルもなければ,知識もない中で誤った部品やケーブルの選定,または入手が容易にできないから,やってみたいけど踏み込めない」との声も聞く.そして,本ブログのアクセスランキングの上位もバッテリー移設に関する記事が関心が高いのだろう不動となっている.

今までR32のバッテリー移設の実績としては現時点では計3台.1台目はAce号,2台目はナルト号,3台目はAce-GTS4.最初の施工から7年以上経過しているが勿論全車,不具合やトラブルは一切出ていない.

抑えるところはしっかり抑えつつも自らのノウハウでほぼほぼポン付け(と言っても確実な取付の為にボデーへの穴あけはバッテリー取付金具や配線通し穴などで計4か所ほど必要)でイケる確実な施工方法を記したマニュアルを含めたキットを検討している.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 12:53 AM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】フロントデフオイル注入,リアデフ降ろし


フロントデフにオイルを入れたがしばらくしたら…

ん?あれれ?
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::パワートレーン | 10:47 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】リアデフ準備


ほぼほぼフロントセクションが終わりつつあるので,前回進めていたリアデフの続き.

外観綺麗にしただけでほったらかしであった.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::パワートレーン | 10:03 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】新型リークディテクタ投入♪ レシーバー取替,A/Cガスチャージ・リークテスト


オルタネータの充電電圧を暫定的ではあるが対応したところで,電気負荷となるA/Cも作業を完了させることにする.

ついにリークディテクタまで買ってしまった.これで500Nトルクレンチといい,診断機と言い,Ace工房開業もそう遠くはないかもしれない.まぁこれで食ってけると思ってないので土日のみ営業スタンスか?まぁ,まだ不透明だけど,水面下で様々なキット等製品開発は着手していたり.

話が脱線したが,過去,本職時代に多用したデンソーリークディテクタのOEM元だったりする空調機器の老舗,タスコ製にしようか同じく空調機器のライバル,アサダ製で行こうか…両者スペックは互角.迷った結果,アサダ採用!もちろん最新冷媒1234にも対応.(きっと使わないけどねw)
理由は豊富な付属品とプローブ先端にLED付いてるから.いつも暗いところ奥まったところは右手にリークディテクタ,左手にLEDライトって感じだったので(;´・ω・)
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 10:52 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】オルタネータS端子Hack!


昨日,クーラントエア抜き,アイドリング調整,点火時期調整が終わって,そろそろA/Cガスチャージにしたいところだが,先日浮き彫りとなった課題.

オルタネータの充電電圧がATが通電(AT-ECUコネクタ接続で)すると灯火オフ勿論A/Cはガス入れてないのでオフ状態のアイドリングで13.2Vとか正直やってられないので,対応を迫られる.勿論,先日も記述したが自らがO/Hしたオルタネータ及び製作したハーネスには一切欠陥どころか問題はないことを断言しておく.

E/G載せ替え前に付けていたオルタネータはプーリーを小径化し回転数を稼いで電圧を確保していたことを思い出す.

Σ(゚Д゚;エーッ!

折角組んで,LLCも入ってるしエア抜きも昨日したばかりなのにまたLLC排出ラジエータベルト類外してオルタ外してプーリー組み替える?正直あほらしい.やってられない.周辺には自らが一生懸命施工したATFクーラーのホース類も犇めいていたりE/Gオイルエレメントが移設されてるので正直,やりたくないのが本音である.

ん?そー言えば!?
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オルタネータ | 07:57 PM | comments (0) | trackback (x) |




LLCエア抜き,アイドル調整,点火時期調整,スロットルセンサーSWトラブルシュート序章


先日の課題のスロットルセンサーSWに関しては根が深くこれを最優先でやってるとクーラントのエア抜きがいつになるかわからないのでとりあえずはAT-ECUのコネクタを抜いてオートマを殺した上で先に進める.

AT-ECU殺すと,すんなりとスロットルセンサースイッチの位置出し(センサー電圧チェック&アイドルSW ON/OFFチェック)確認ができた.写真はIG ON暖機前にて.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 10:34 PM | comments (0) | trackback (x) |




右フロントドライブシャフトブーツ取替


外してほったらかしになっていた運転席(つまりは右)側のフロントドライブシャフト.

こっちは外しているのでセパレートじゃない非分割式のつまりはごくフツーのブーツで取替えることにする.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 08:39 PM | comments (0) | trackback (x) |




Ace工房製,リビルトRB26DETT火入れ式


火を入れる,LLCを注入前に改めて,今一度,各部をチェックする.右側フロント足回りはまだ組んでいないがE/G始動には関係ない.後日だ.

▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 11:41 PM | comments (0) | trackback (x) |




BCNR33純正FPCMインストール


RB26が載り,E/Gルームの各部品組み立ても終盤を迎えはじめたところで,FPCMもRB20用はトランクより撤去.

26用FPCMを取付.今回はBCNR33用を流用する.2,3年ほど前に他の作業でリアシート等バラしたついでに作って引き込んでおいたハーネス・コネクタをサクッとさして,
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 07:41 PM | comments (0) | trackback (x) |





サイト内検索結果一覧