Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

Ace工房製,R32スカイライン(GT-R含)専用バッテリー移設キットリリース検討


首題の件,バッテリー移設に伴うメリットはフロントヘビーな特にGT-R及びGTS-4は恩恵は大きい.フロントオーバーハングから約8キロ~10キロ(バッテリーサイズや銘柄による)の減量はコーナーリング時の回頭性に貢献する.

今までバッテリーの移設のメイン作業となるバッテリーケーブルの引き込みは確実に絶縁することが大事なのは言うまでもない.ショート=ヒューズ切れではなくバッテリー爆発や車両火災に直結となる.

そして,絶縁もだが不適切なケーブルの太さ,種類,使用用途にふさわしくない電材の選定などを筆頭に施工不良及び,振動や経年劣化,腐食など外的要因が影響すればセルモータの始動不良や充電不良だけでなく即,車両火災に繋がるのでキット化を避ける傾向にあった.
まぁ当時は“自動車電装”に携わる者としての社会的な責任など物凄く神経質に捉えていたのもある.では今はいい加減な考えか?と問われると決してそうではない.

しかしながら,近隣オーナーさんからも,「バッテリーは移設したいがスキルもなければ,知識もない中で誤った部品やケーブルの選定,または入手が容易にできないから,やってみたいけど踏み込めない」との声も聞く.そして,本ブログのアクセスランキングの上位もバッテリー移設に関する記事が関心が高いのだろう不動となっている.

今までR32のバッテリー移設の実績としては現時点では計3台.1台目はAce号,2台目はナルト号,3台目はAce-GTS4.最初の施工から7年以上経過しているが勿論全車,不具合やトラブルは一切出ていない.

抑えるところはしっかり抑えつつも自らのノウハウでほぼほぼポン付け(と言っても確実な取付の為にボデーへの穴あけはバッテリー取付金具や配線通し穴などで計4か所ほど必要)でイケる確実な施工方法を記したマニュアルを含めたキットを検討している.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 12:53 AM | comments (0) | trackback (x) |





サイト内検索結果一覧