Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

電圧降下対策キットVer.3 試作品取付


電圧降下対策キットの従来バージョンのリリースを停止して約半年…

より安全性と確実性…品質を求めてバージョンアップを図った.しかし,製品としてリリースするにはその性能を十分発揮するためには確実な施工である.確実な施工は施工者のスキルも多少あるが取付要領書…すなわちマニュアルである.特に電源ラインの施工不良は一歩間違えば車両火災である.ヒューズがあるからと侮ってはいけない.これに関しては前Verのキットでもアナウスしていた.

自車が燃えるだけでなく,公共の場所なら隣の車や器物,人命をも巻き込む恐れがある.かと言って,これからキットをリリースする一個人のボクはキットをボク自身の手で付けた訳でもなければ,その車両をその責任を負えない.しかし,ちょっとでもそれを防ぐべくマニュアルを作っている.安全性と確実性を出来る限り向上すべくである.

よってマニュアル(整備情報)は財産である.ノウハウである.最もキットで人件費が掛かっていると言ってもいい.

話が脱線したが,そのマニュアルが完成しない限り電圧降下対策キット(Ver.3)はリリースする気はなかった.Ace号やAce-GTS4号は既にその部位がマニュアルを作りようがない,純正からかけ離れてしまっている為,モニターと言うか臨床試験に立ち会ってくれるBNR32を密かに募集していたw


で,最寄にモニターとなってくれる,オーナーが現れた♪
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 08:38 PM | comments (3) | trackback (x) |




ハイキャスロックの真実!& HICAS PROTECT製作


言わずと知れた,東名パワードのHICAS LOCK.ベストセラー…いやロングセラー商品であるw

機械的にハイキャスシリンダロッドにシムを噛まして,電気的には下記写真のユニットにて機能を殺してしまおうと言うキット.

Ace号でもハイキャスレス化した際に,キャンセルロッドに換装,この電気ユニットなる箱はハイキャスチェックランプを消灯させるために使っている.


が…
取り付け時から不振に思うことがあった.あくまでもコイツはキーON(IG ON)でそもそもハイキャスランプを点灯させない.PSFが漏れた際には点灯する.
PSFが漏れたときにハイキャスランプを点灯させるのはPSFタンクのキャップに取り付けられたレベルセンサーである.BCNR33やBNR34など純正以外のタンク及びタンクキャップを流用した場合は点かないけど.

ハイキャスレス(シリンダやアクチュエータ総撤去)にした際にはハイキャスランプが点灯する…
確かにメーター内のバルブを抜いてしまうのも一つの手だが,PSFが漏れたとき,警告は一切なくなるわけでもある.

当時は今ほど電気配線図の理解不足及びそこまで疑問視していなかったので放置プレーだったが,今回,真相究明してみることにした.

▼続きを読む

| BNR32, HNR32::パワステ・HICAS | 09:46 PM | comments (2) | trackback (x) |





サイト内検索結果一覧