Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【依頼作業】SD号 A/C修理


今シーズン3代目の32のA/C修理である.

入庫時,ざっくり診断.ソコソコ冷えてはいるがガスが足りない.回収してみると全量に対して1/3残ってた.電気的な作動は良好.

定番のこの部位だけで解決するかなと思われたが…リークテストを進めていくと…

あれれ?コンプレッサの頭がオイリーだけどリークは確認できない?よく見ると高圧ホースからの返り血ならぬ返りガス及びコンプレッサオイルを被っていたw


高圧ホースは新品にチェンジする.


ご覧のように破裂寸前というか破裂してピンホール空いた感じか.


レシーバーも新品にチェンジ.

つか,レシーバー本体に限らず付属するプレッシャSWも消耗品なので基本的にサイクルガス漏れ修理では必須交換部品と判断して頂きたい.

ベルトも薄いヒビが見受けられたのとアイドラプーリーのB/gに違和感があったのでこちらもチェンジ.


例の部位もボルトの固着が皆無だったので秘密の施工をスムーズに終えた☆

再度,リークテストを行い,修理部位及びその他にリーク認められないことを確認の後,R12をガスチャージ♪


十分な冷えを確認する.あっ温度テスト記録するの忘れた^^;

しかし…

E/Gアンダーカバーを組付け中に右ドライブシャフトインナーブーツの裂けを見つけてしまう^^;
流石に繁忙期の我が社での対応は難しいので後日,オーナーが主治医の元へ行ってもらうことに.

ココ最近毎週のように色々な32の作業に携わってきた.

自然と32に作業として向き合うと不思議なもので,“気”というか“オーラ”を持っている個体とかすれているというか悲壮感すら感じられる個体もいる.あっこの個体はちゃんと出ていますよ(^^)/

たかが車…そう,人が造ったモノに過ぎないがそれを扱い維持するのもまた人である.

この32もまた電圧降下を確認した.このクルマ,電圧降下を見直せば体感できる位パフォーマンスが向上すると思われる.実に今このままなのが勿体無い.

電圧降下は運行上,大きな支障はないが電圧降下で最初に目で見える症状として現れるのがセンサー系である.ハイキャスか4WDのチェックランプが一瞬だけ点灯するかもしれない.気になったら,ご相談下さい(^^♪


さてっと,身内のA/C修理はボチボチ続きますw

| BNR32, HNR32::A/C | 11:45 PM | comments (2) | trackback (x) |


コメント

| アブガス | URL | 2016/06/19 02:16 AM | HMzhw3Mg |
ご無沙汰しております。
身体、32ともケチがついており、最近は簡単な作業もあまり行っておらず、未だ電圧降下キットが装着できていません、すみません。
>レシーバー本体に限らず付属するプレッシャSWも消耗品なので基本的にサイクルガス漏れ修理では必須交換部品と判断して頂きたい・・・これ重要ですね(^^ゞ

| Ace | URL | 2016/06/21 07:14 PM | 4mXLeg2A |
>アブガスさん
いえいえ気にしないでください.
ちなみに、補足ですがコンプレッサベルトを張るアイドラプーリーはボクの中ではベルト交換または脱着が伴う作業ではガタの有無を確認しますが長い目で見ると定期交換部品ですねw

コメントする















サイト内検索結果一覧