Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【HNR32】ハーネス施工後の電圧降下を調べてみた



検証実験台:Ace-AT号(HNR32 AT車 走行距離5.6万キロ)
●オルタネータ:BNR32同品番(プーリー径も同じ正真正銘同一品,90A),新車時よりノンO/H
●バッテリー:GS ユアサ Unistar 40B19R(満充電,CCA測定値260A)
他,追加した微々たる電装品:ETC,レーダー探知機.セキュリティーはE/G稼働中は負荷と言えないしこの位だろう.

そして,主な変更点はオルタ+B及びS改善と純正ヒュージブルリンク撤廃,接触圧確保バッテリーマイナスケーブル新調である.

ハーネス施工前の記録はこちら.電圧は撮影の瞬間でバラツキがあるので鵜呑みにしないで頂きたい.注目は同じタイミングで写真に写っているバッテリー電圧とオルタ電圧の差がいかに縮んでいるかである.
では電圧降下がどう改善されたのか見てみよう.今回は単純に電圧降下のみ検証なのでクランプメータによる電流測定は割愛した.
検証1:E/G暖機後,灯火ONでアイドリング.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):14.09V
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):14.20V


検証2:E/G暖機後,灯火ON+エアコンFC+ブロワ最大速でアイドリング.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):12.96V前後
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):13.09V前後


検証3:E/G暖機後,灯火ON+エアコンFC+ブロワ最大速+コンデンサ補助電動ファンでアイドリング.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):12.63V前後
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):12.76V前後


検証4:E/G暖機後,灯火ON+エアコンFC+ブロワ最大速+コンデンサ補助電動ファンでアクセルちょい開.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):13.92V前後
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):14.09V前後


検証5:E/G暖機後,灯火ON+エアコンFC+ブロワ最大速+コンデンサ補助電動ファン+リアデフォッガONでアイドリング.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):11.71V前後
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):11.82V前後


検証6:E/G暖機後,灯火ON+エアコンFC+ブロワ最大速+コンデンサ補助電動ファン+リアデフォッガONでアクセルちょい開.
・バッテリー電圧(写真左側テスタ):14.02V前後
・オルタネータB端子電圧(写真右側テスタ):14.15V前後



結果,オルタネータとバッテリーの電圧差異つまり電圧降下は0.2V以内に改善されている.これはこれでAce-specでも前例があるので判り切った結果でもあった.

問題はRB20のアイドリングのE/G回転数が650rpm…RB26に比べて1分間あたり300rpm少ないのでアイドリングで電装負荷をガンガン掛けまくるとチャージ負けを起こすという点だ.別に判っていて気をつければいいが,判明してしまった以上気に食わない(笑).

逆に言うとまた改善する楽しみが増えたと言う点(爆)

続く.

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 11:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧