Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

クラッチマスターリペア



昼休みに大分前に買っていた、ストック品を来るべき時に備えて再使用するべくリペアを行うことにした.
先ずはマスターシリンダをバラす.

つか、この作業がメーン(笑)


マスターバックとのOリング当たりも腐食しチ●カスが出来てたのでブラストで飛ばす♪

リペアキットを組んで…

ちなみにネットで国産社外リペアキット探せば純正の半額位で来るけど他に抱き合わせで特に無理に買うものなくって送料掛かるんで却下(笑)


シリンダ部完了の図.

続いてマスターバック.Oリング当たり面周辺が錆てるので間違いなくフルードが漏れた痕跡がある.

よって、中のシールなどがダメージを受けていれば再使用不可だろうがエアー送って見る限り漏れてる感じはない?まぁうさんくさいけど…


錆落として念入りにエアブロー後,防錆処置し組付けた.

外観は様になっていれるがマスターバックは使えればラッキー程度なリペアである.

時が来るまで熟成させる(笑)

| BNR32, HNR32::パワートレーン | 05:22 AM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧