Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

超軽量セルモータへチェンジ☆


首題の件,セルモータの取替がメインではない.どちらかと言うと副産物である.

サクっとかつて3,4年前だったか今の職に就いて自身のスキル向上と趣味を兼ねた初めてのAce工房リビルトセルモータ第一号を外す.
ガスケットを筆頭に吸気周り及びその周辺のエアホース,ウォーターホース・チューブを総取替しているのと日を置いて脱着物の多い作業故に先日はサージタンク組付で何度も確認したくなったのだ(笑).

じゃぁ,また折角復元したのをまたバラすのか?
いや,セルモータを外すと下から目視確認が出来るので外します(*^^)v

で,不具合なく快調なセルだけど,折角の機会なのでネタ作りの意味も込めてRB系E/Gのセルで最新・最小・最軽量な自分用ストックセルを投入♪

人にオススメしておいて今更,本人がよーやく付ける件(爆).


これで確認したいモヤモヤが解消された(笑).セルモータが小さく(正確に言うと短く)なったのでエアレギュレータが良く見える図.
このセル,ホント勢い良く回るし気持ちい位始動がイイ.もっと早く付けるんだった(笑).あっ既に何人かのオーナー様へ納品されたり某マガジンの某ページへネタ提供しちゃったけど(笑).

デメリットとして出力は純正セル1.4kW(約2馬力)から1.0kWに落ちるが始動性に問題もなければ,逆に行うとBNR34純正(前期の一部ロットを除いた)セルが1.2kWに出力を落とされていることを踏まえても1.4kWセルがオーバースペックであるとも言えるかもしれない.さらに,出力ダウンを逆手に取ると,それだけ電気負荷が減ると言うことなのでクランキング中のバッテリーにも若干易しい.そして最大のメリットは純正セルに対してマイナス500㌘であることか.

次はクーラント注入&エア抜きだ.あと少し…

施工時の走行距離:112901km

| BNR32, HNR32::スタータ | 02:24 AM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧