Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

フェラーリF50ブレンボキャリパー他、検証


リアブレーキに続き,27年目の自らのサプライズに恐らく,最後の自己投資を行う.今後はしばらくはマイバースデイプレゼントなんて無理だろうから(笑)

実は数日前に検証を終えていた.後はパッドの納期次第である.

写真は理論的には問題なくイケるのは判っていたが実際に試してみたの図.
フロントナックルのガラクタをキープしておいてよーやく役に立った.

検証物:Mine's LM Evolution(品番:LM101 17inch 9.5J Offset25),F50ブレンボキャリパー(並行輸入新品),φ340 2ピースローター&ブラケット他


リム内側のバランスウエイトとのクリアランスは2ミリ程度.


ホイールディスク面とキャリパー側面とのクリアランスは6ミリ程度.なおスペーサーは一切使用していない.この瞬間が通常のBBS LM 17inch 9J Offset20(品番:LM73系)との違いである.


キャリパーのバイパスチューブとホイール側のピアスボルトもノンスペーサーで干渉なし.余裕のクリアランスである.まぁφ340仕様だからこんなものなのかもしれない.
んにしてもだいぶブレーキダストばばっちぃな(笑).フラッシュ焚いて撮影するとなお更^^;


続いて,ラジアルマウント故にキャリパーサポートの計量.0.8キログラム.


φ340 2ピースローター.9.2キログラム.あんま軽くねぇな.コレは.んでF50キャリパー(パッド含まず)が3.3だったか3.4キログラム.

さて,余談?…ある意味本題.

今回手配したフェラーリ様御用達(笑)のF50ブレンボキャリパー.並行輸入品である.

巷では正規代理店なショップのHPなんかでは偽者や並行輸入品に注意してねって書いてあるトコもあるけど,実際には円高故に並行輸入物が安価で多量に出回って自らが儲からない故の負け犬の遠吠えにしかボクには聞こえない.せいぜい定価の何十か何%かで仕入れて今までガッポガッポ儲けてたんじゃねーの?みたいな(笑).φ340ローターの設定はありえないとかあるけど,実際に大手のBiotさんも出してますがな.その話を振ったらお友達からは「あぁ,それってデマだね!」とも笑い飛ばされたり^^

んで,さらに話を進める.
ボクが思うに巷には2種類のF50ブレンボが存在すると言う情報があるが,どうも納得できない.恐らくは元々1種類のみではないかと.
その2種類ってのがキャリパーのフルードラインの接続方式である.前者がバンジョー&ホースによる接続.後者がフレアチューブによる接続.現に同じBNR32に元々付いていた某ークションに出ている中古F50ブレンボキャリパーでも両者が存在している.

で後者がそのままBNR32を筆頭に基本的に対向キャリパーな日産車は大半がフレアチューブによる接続なわけで.一方,外車も国産問わず,前者の接続方式も多い.

しかし,並行輸入品を扱う業者いわく,フレア非対応の…つまりは前者のF50キャリパーしか,存在しないそうな.無論,ボクが入手した並行輸入品もフレアがない前者のタイプ.

よって,BNR32に接続するには
1.バンジョー&ホースに変更.→ しかし,折角,過去にホース新調(このホースは純正チューブとの間の純正ホース置換タイプ)しているのにゴッソリそのホースがチェンジになる.もたいない(笑)
2.何らかの方法で車両側の純正フレアチューブに接続できるようにする.


このように今回手配したF50キャリパーにはI.Fは設けられていない.

話を少し元に戻そう.正規代理店などのショップがキャリパーを加工しているのではないかと考えた.世の中には圧入用のI.F(インバーテッドフレア)なるものもあるし.
また,ブレーキキットメーカーである.Biot社のBNR32Vスペ及びBCNR33用F50キャリパーの付属品写真(PDF)を何気なく眺めていたら,ピンと来た.

フレアに変換するアダプタ使えばいいじゃん!

さらに,言うと,BiotのF50キャリパーはフレア接続ではないから変換アダプタが付いている=この時点でやはりF50キャリパーは1種のみでフレア接続はショップなどの後加工ではないかという説が濃厚になってきた.なお,この写真が使いまわしでないか気になったがかなり昔の雑誌にも違ったアングルでこの銅ワッシャーがセットされたアダプタが写っているので使いまわしとは思いにくい.

まぁそれはハッキリ言ってどうでもいい.要は自分のクルマに確実に接続できればよい.

さらに下調べ3日…この手の変換アダプタって4輪よりも2輪用の部品が多く勉強になったのも事実.これだからDIYは面白いのだよ(爆)

んで早速手配.

このままではオネジ部が長い為,切削加工を行う.なお,キノクニさんにTELにて事前に切削加工も含めて問い合わせで問題なしと回答を貰った.


ジャイーンとな♪


先端をピッチヤスリで整え,バリもしっかり除去し…


完了☆


無事コンベックスフレアに変換完了である(^^)v


車両への取付はパッドが揃い次第である♪

| BNR32, HNR32::ブレーキ | 09:15 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧