Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【HNR32】新型リークディテクタ投入♪ レシーバー取替,A/Cガスチャージ・リークテスト


オルタネータの充電電圧を暫定的ではあるが対応したところで,電気負荷となるA/Cも作業を完了させることにする.

ついにリークディテクタまで買ってしまった.これで500Nトルクレンチといい,診断機と言い,Ace工房開業もそう遠くはないかもしれない.まぁこれで食ってけると思ってないので土日のみ営業スタンスか?まぁ,まだ不透明だけど,水面下で様々なキット等製品開発は着手していたり.

話が脱線したが,過去,本職時代に多用したデンソーリークディテクタのOEM元だったりする空調機器の老舗,タスコ製にしようか同じく空調機器のライバル,アサダ製で行こうか…両者スペックは互角.迷った結果,アサダ採用!もちろん最新冷媒1234にも対応.(きっと使わないけどねw)
理由は豊富な付属品とプローブ先端にLED付いてるから.いつも暗いところ奥まったところは右手にリークディテクタ,左手にLEDライトって感じだったので(;´・ω・)
レシーバー(リキッドタンクとも言う)は清く新品投入♪

過去レシーバーの交換が5年以内でプレッシャーSWもまだまだ問題なく使えるだろうしA/Cサイクル内が大気に触れている時間は2週間ほどだったと思うがトラブルのもとは作りたくないから.

冷媒はR12のまま.理由?個人的にはR134にするつもりはない.一声掛ければ「R12在庫?いっぱいあるよ!」って関係筋は何社かお付き合いあって困ってないから.
あれ,チャージ中の写真撮り忘れてるな(;´・ω・)

早速使ってみる♪

時間を置いて,丁寧に…それこそ意地悪なくらい,時間を置いた後もガス漏れチェックを行う.漏れチェックまでしてちゃんとした作業と思っている.

うん,合格.まぁ当然かw←

E/Gルームだけ見ると,完成した感に浸れるが現実はまだまだな進捗である(;´・ω・)

今回使った純正部品
●レシーバー:92130-05U00
●A/C Oリング各サイズ

冷媒
●R12冷媒250g×3缶

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 10:52 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧