Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

オリジナルEFIハーネスほぼ完成…とプチお知らせ


コンセプトは以前より謡っているがオートマ4ドアGT-Rを作るである.

以前アナウスしていたEFIハーネスの補修兼,魔改造である.当初は自分でも実現できるのか?という思いもあった.ましてや途中で離婚となり失意の中手が付けられないとか,それどころではなく完成まで漕ぎつけられるのか,プロジェクトの頓挫すらあり得た...しかし元々うちのGTS-4は人生再出発号である.その再出発号がさらにRB26DETT化で再々出発の門出号となる日を夢見て手を動かした.


ここにほぼ完成を宣言する.

なぜ,“ほぼ”かは一部現車合わせで結線やグロメットの位置修正等あるからである.

なんたって,ベースはBCNR33純正ハーネス,ボデー側ハーネスとの接続はBNR32コネクタ化,さらにオートマ専用線が多数追加が必要,そして長さがBNR32(R32系)と異なり,一部を延長やレイアウト修正をしているからである.
今回,BCNR33純正EFIハーネス(ECCSハーネスとも言う.)とBNR32のハーネスを比較しつつ,本当に同じRB26DETTでもO2センサーのコネクタが前後異なる点は巷では有名だがピンアサインが異なる部分もあれば年式型式が異なるのでボデー側ハーネスとのコネクタは全く互換性ゼロ.故にコネクタを切った貼った延長も必要.さらに32は電源であるバッテリー及びメインジャンクションBOXがE/Gルームに対して33はトランク.電源系の引き込みレイアウトは両者大きく異なる.


不要な端子を抜いたり…


ほぼほぼ全部切開したり…

この後,さらにバラバラにしたり

また,同じ機能を持ったIGNハーネスが繋がる電源コネクタだが,

端子をコネクタハウジングより抜き取り比較してみる.

32の方が端子が太く配線も太い.重いというデメリットがあるが端子幅がそもそも太いということは接触面積が広いので仮に劣化しても端子幅が太いゆえに電導性は耐久性は32に軍配が上がるだろう.逆に言うと,32の物がオーバークオリティで33でもっと配線や端子が細くとも問題ないという結論に達した為に変わっていったとも考えられる.また省スペース小型化という技術の進化という解釈もある.


作業に便乗してエアフロコネクタもプラグインエアフロ(俗にいう35エアフロ)コネクタも追加♪エアフロのハーネス自体も短かったので延長.シールド線も.



BNR32のE/G-ECU(即ちRB26DETTのコンピュータ)はオートマECUとのやり取りができない.HNR32オートマ車のE/G-ECUはちゃんとオートマECUとのやり取りをすべく専用の端子を持っているがその端子はBNR32のE/G-ECU(即ちRB26DETTのコンピュータ)ではリア側のエアフロやもう一つのO2センサーが陣取っている.それらの代替信号をどうするか数日悩んだ末,神が降臨したかのごとくひらめきがあった.他にはスロットルポジションSWからの端子を追加,新規配線追加だったりスロットルセンサーも結線追加,BCNR33ハーネスにはA/C用のヒーター水温センサー配線が来ていないので追加したり…


PCMVこと過給圧ソレノイドの逆起取りと思われるダイオードはBNR32のシステム図及び配線図では存在するものの,BCNR33のシステム図にはない,恐らくE/G-ECU内にダイオードが実装されているのだろう.今回使うE/G-ECUはBNR32用なのでダイオードを追加する.これやっておかないと最悪逆起でECUが焼損する恐れがある.BNR32純正EFIハーネスをチェックしたところワイパーモーターコネクタ付近にあるダイオードが多分それじゃないかと思われる.その辺は配線図にも整備書にも書いてない.

頭の体操になったかもw

そして,ほぼほぼ仕上がった.ボデーハーネスとの勘合コネクタ.ここも一部FPCMとの兼ね合いがあるので取付時現車と結線がある.


ABSハイドロユニットのコネクタ.BCNR33とBNR32とではABSユニットの互換性はなくコネクタも配線数も異なるのと,配線の長さも若干異なるため延長と電源線のレイアウトも変更.


O2センサーも前後コネクタ入れ替えと,こちらもBNR32とBCNR33とではハーネスのレイアウトが異なるためか長さが異なるので延長.シールド線が使われているのでめんどくさかったのは言うまでもなく(^-^;


そして,E/Gルームの集中コネクタとの結線が必要な奴ら.ここはオートマとインジェクタ,そして,IGN系の主電源もあるのでコネクタではなくAce号のようにしっかり結線する予定.



追伸.
一度キリの人生,やらない後悔もあればやりきった後悔もある.その時選べる選択肢は一つで人生にCtrl + Z コマンドはない.下記に記したことは有限実行にならない場合も当然あるわけで…

さて,また詳細を詰めていきたいが,Ace工房として起業しようかと思う.基本的にはR32(BNR32及び基準車)に特化したい.
単純にキットリリースではなく,サービスとしてだ.エアコン修理(製造廃止となっている配管製作も含めて).不調不具合探求・故障診断修理(俗にいうトラブルシュート)を出張で対応しつつ,ディーラーや整備工場などプロがやってくれない分解整備が発生した際の部品のリペア(ブラスト処理にて錆を完全に落とした上で塗装など.もちろん単品で持込や発送対応もOK),電気配線・ハーネスのリペア(この辺は独自のノウハウを十分に発揮できると思う),自身のクルマ(デモカーとまでは言い難いけど)で施工済みの市販の高価なカーセキュリティキット取付とはまた異なる車種に特化した低価格なオリジナルセキュリティの施工,バッテリー移設など.もちろん,これだけで食っていくビジネスとしてしっかり成り立つわけではないだろうし,自分の目的はオーナーサイドで細かい要望にも応えたいことと不調不良で気持ちが折れて降りてしまいその車両が海外へ流失していくのがなんか悲しくて…もう家庭もないので県外でも出張作業もいいかなと思っています.あとはもう,組織に属さず肩肘張った生き方をしなくてもいいので,フットワーク軽く貪欲に動きたいです.

この辺は素人なので本音を言うとプロデュースしてくれる方がおられると心強いですが他力本願はよくないのでこの辺が社会勉強なのかなと.勿論,ビジネスモデルを確立するまでは,これだけでは食っていけないと思いますし他を並行して進めていこうかとも思います.新型コロナウイルスで時期が悪いのは間違いないけど,時期を逃せばもう自分には転換点は来ないと思うので.


これに関して,ご意見コメントでも私信でも頂ければ幸いですm(_ _)m

| BNR32, HNR32::オートマ4ドアGT-Rを作る | 11:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧