Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【HNR32】34ステージア純正スタータ流用


特にE/Gが始動できないとか,回らないとか不具合はないGTS-4のセルモータ.
しかし,重量が重くサイズも大きな旧世代のセルモータが新車時からついており,そのままになっていることは知っていた.セルモーター取替の目的は軽量化のためである.

BNR32以上にHNR32でAT車という構成はセルモーター脱着は極めてものい.しかし,現在HICASを撤去したからまだやろうと重い腰を上げてみる.
BNR32のセルモーター脱着の感覚だとジャッキUPして下からアクセス…と言いたいが,そこはHNR32でAT車である.ラジエータ一体型ATFクーラーへいく配管がセルモーター真下にあり,工具が触れないので全て上からの作業となったが意外とコレはコレで楽だった♪あっHICAS外してあるからか!www

取外したHNR32純正セルモーター.でかいし重い.


過去O/Hしストックしておいた34ステージア純正セルモーター.約1.2キロの軽量化となる.


大きさは…言わずもがなw

世代の差である.

無論,問題なくポン付けである☆


クランキング音が変わり,決して元のセルモータが悪いわけではないがより元気よくE/Gの始動を確認.
余談だがクランキング音はリングギアとセルモータ(ピニオンギア)との組み合わせで変わってくるが今回はなんかホンダ車っぽいクランキング音となった.

施工時の走行距離:90548km

| BNR32, HNR32::スタータ | 09:59 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧