Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【HNR32】燃料ダダ漏れにつき


夜にハイオク満タンにし…

翌朝,出勤の際,ガソリン臭いのに気がつく.床に垂れてるし^^;

なお,うちのGTS-4はGT-Rタンクを流用している.
タンク下を覗き込むと…
ずいぶん滴った跡が見受けられる.

走行中もだいぶお漏らししながらだったようだ.どーりで後ろの車との車間距離がいつもより広く感じられたわけだw

というか,笑い事ではない.
タンク上にあるホースのうちのどれかだろう.過去BNR32純正タンク流用時,ホースが製廃になってたからそのまま組んでいたのがアダとなっているのだろう.
タンクを降ろすにしても,前日満タンにしたタンクである.滴っているにしてもこんな重量物を降ろす気にはなれない.ある程度減らすべくしばらく通勤などで走るのもいいかもだが,着火しようものなら大惨事である.

流石にAce工房がそんなことで新聞沙汰になるのは嫌なので,近所のホームセンターで携行缶を調達,灯油ポンプでセンダーゲージ穴から吸い上げるの図.


んで…

ズバリ,漏れ箇所である.

流石,ガソリンである.

燃料タンク上に過去防錆のために噴きつけたアンダーコートやシャシブラックが溶かされるw

タンクを完全に降ろしきる.

漏れ箇所はベンチレーションホース.そう,圧が全く掛かっていないホースだ.経年劣化でパキパキクラックである.どうやら,この中古BNR32純正タンク,前の持ち主の保管状況が良くなかったらしい.

さらには,立体成型されているチェックバルブ側のエバポレーションホースも…

クランプ根元で大きな亀裂.気化している微量な部分でガソリンが液体として漏れることはないが限界である.

タンク本体に付いている,E/Gへの入出力以外のホースはフィラーも含めて全て製造廃止.
故に全てのホースサイズを採寸し汎用品を手配♪ポンプが圧送するラインではなく,圧が全く掛からない場所である.とりあえずガソリン対応なら故に問題ない.それこそ耐候性に問題がなければホームセンターのピンクホースでもなんとか代用は可能ではないかと思われる.逆にインジェクション(高圧)対応のようなホースだと3層構造なんかで仕上がり外径が太く曲がらないのでタンクのホース継ぎ手(樹脂)への負担が大きく破損に繋がるだろう.

緩いクランクなタンクに水平に走る今回クラックが入っていたホース:内径約φ9.5
右後側のCの字にカーブする小径ホース:内径約φ6

フィラーと並行に走るカーブしたホースも製廃.

ここも圧がかかるわけではなく,ほぼ液体としてガソリンが付着することがないホースだ.故に純正のホースも表面の表示を見る限り耐油ホースなら問題ないと思われる.内径は約φ15,16

汎用品を手配し…

純正チックに保護材でカバーし違和感ゼロな仕上がりw


タンクを降ろしたついでにセンダーゲージ(俗に言うフロート)も新品を奢る.

まぁついでじゃなくても取替できるけどw

製廃故に汎用ホースを取り寄せたりと時間が掛かったがタンク付属のホースが組みあがった☆


上で触れた,亀裂の入った立体成型されているチェックバルブ出口側のエバポレーションホースも新品にチェンジ.

発注時,メーカー在庫わずかで生産予定ないとか言ってたけど,今どうなんだろう?

入り口は長尺物の純正ホース.つか,正式にここはバキュームホースでいいとのこと.


ホースを触る際,なかなか手が入らない部位なのでチェックバルブを外すとチェックバルブと一緒に成形されている車体固定用の樹脂のツメが大体は折損するのでチェックバルブ自体は問題なく再使用できるけど補修や取付が面倒ならいっそのこと作業時に新品手配してしまってもいいかと思う.

フューエルディスチャージ,リターンホースも新調.

リターンは最悪汎用品でもオッケーなんだろうけど純正出るものは純正手配.

溶け剥がれたアンダーコート及びシャシブラックを塗布しタンクを組み付ける.


トランク下に燃料タンクがある32.重量物をホイールベースに置かずリアオーバーハング部にあるが整備性に関してはまだマシかなと思った.


施工時の走行距離:82192km

| BNR32, HNR32::EFI・フューエル | 06:41 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧