Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

Ace工房製,R32スカイライン(GT-R含)専用バッテリー移設キット最終評価版取付及びリリースのご案内


先日のアナウスからブログ上では目立った反応はないwが,意見や要望など個々に連絡頂きつつ,近日中に取付マニュアルの作成も兼ねて,最終評価版を取付を行った.モニター車両は前回のセルモーター始動改善・予防キットに引き続き近隣オーナーのクルマで臨床試験を行ったw

<いちぞうさんより引用>本人様使用承諾済
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 08:29 PM | comments (2) | trackback (x) |




Ace工房製,R32スカイライン(GT-R含)専用バッテリー移設キットリリース検討


首題の件,バッテリー移設に伴うメリットはフロントヘビーな特にGT-R及びGTS-4は恩恵は大きい.フロントオーバーハングから約8キロ~10キロ(バッテリーサイズや銘柄による)の減量はコーナーリング時の回頭性に貢献する.

今までバッテリーの移設のメイン作業となるバッテリーケーブルの引き込みは確実に絶縁することが大事なのは言うまでもない.ショート=ヒューズ切れではなくバッテリー爆発や車両火災に直結となる.

そして,絶縁もだが不適切なケーブルの太さ,種類,使用用途にふさわしくない電材の選定などを筆頭に施工不良及び,振動や経年劣化,腐食など外的要因が影響すればセルモータの始動不良や充電不良だけでなく即,車両火災に繋がるのでキット化を避ける傾向にあった.
まぁ当時は“自動車電装”に携わる者としての社会的な責任など物凄く神経質に捉えていたのもある.では今はいい加減な考えか?と問われると決してそうではない.

しかしながら,近隣オーナーさんからも,「バッテリーは移設したいがスキルもなければ,知識もない中で誤った部品やケーブルの選定,または入手が容易にできないから,やってみたいけど踏み込めない」との声も聞く.そして,本ブログのアクセスランキングの上位もバッテリー移設に関する記事が関心が高いのだろう不動となっている.

今までR32のバッテリー移設の実績としては現時点では計3台.1台目はAce号,2台目はナルト号,3台目はAce-GTS4.最初の施工から7年以上経過しているが勿論全車,不具合やトラブルは一切出ていない.

抑えるところはしっかり抑えつつも自らのノウハウでほぼほぼポン付け(と言っても確実な取付の為にボデーへの穴あけはバッテリー取付金具や配線通し穴などで計4か所ほど必要)でイケる確実な施工方法を記したマニュアルを含めたキットを検討している.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 12:53 AM | comments (0) | trackback (x) |




Ace工房製,セルモータ始動回路改善キット 最終評価版取付及びリリースのご案内


首題の件,実はAce-spec号,Ace-GTS-4号で既に2年ほど前に施工し,予防とキーシリンダスイッチの接点の保護(部品寿命の延命化及び製造廃止対策),AT車だと加えて製造廃止となっているインヒビタースイッチ(シフトポジションスイッチとも言う)の接点の保護(部品寿命の延命化)に貢献している.さらには製品の評価版をナルト号にも施工,実にそれから2年も経っていたw

製品の最終評価版を施工するモニターとなってくれたのは,電圧降下対策キットVer3の最終評価版でモニターしてくれた,いちぞう号である.いつもありがとうございますw

本キットは不具合症状としてセルモーターやバッテリーを替えたが改善されない,セルモーターを替えたのに回らない時がある,特に,朝一はセルモータが回ったのに夏場や熱を持っているときだけセルモータの周りが悪い,時間を置くと始動できるなどといった症状を改善するものである.または症状が出ていない車両でもいずれは確実に起こりうるトラブルを予防するというものである.仮に上記のキーシリンダスイッチやインヒビタースイッチを新品に替えても根本的な解決にはなっていない,言わば電圧降下対策キット同様のウィークポイントに注目している.また本キットを用いることでS2000やR35のようなプッシュスタートスイッチを導入しても即壊れてしまったなどの対応も可能である.むしろこのキットを使えば壊れるどころかプッシュスタートスイッチ流用なんて楽勝だろう♪

製品のタイトルとしてはセルモータ始動回路改善キットだが,言い方を変えればE/G始動回路の電圧降下改善キットとも言える.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 12:16 AM | comments (2) | trackback (x) |




【HNR32】バッテリー移設


E/G換装前にある程度の車両の軽量化もそうだが,やれることは終わらせてしまいたいのでバッテリー移設作業に踏み切った.R32のバッテリー移設はこれで3代目.故に要領は完全に把握しつつも,さらなる+ケーブルの短縮と安全と確実性を向上させた作業を目指す.

手配したバッテリーキャリア・ステー・+ケーブル・ターミナルなどなどは合計3キログラム(段ボール含むw)

率直に言うと,バッテリー移設に伴う重量増の数値である.ちなみに,+ケーブルは長めに準備し,後に作業中に現物合わせで数十センチのカットが入ったので実質3キログラムを切っている.

なお,バッテリー移設に伴うメリットデメリットや詳細なお話はこちらの記事を参照してほしい.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 09:09 PM | comments (0) | trackback (x) |




ナルト号,もう一つの電圧降下対策


持参してもらった,ニスモフロアマットリア側の連結ホックをAce号同様に施工して…

メインの始動系の電圧降下対策である.ちなみにAce-spec号もAce-AT号も既に症状が出る前に施工済みだったりする☆


▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 11:44 PM | comments (2) | trackback (x) |




Ace工房製BNR32・HNR32専用電圧降下対策キットVer.3 リリースのご案内


先日の試作品のアナウスからちょっと時間が経ってしまったがお待たせしましたw

水面下では予約頂いた第一号の方には絶賛だったのでよかった(^^♪
是非レポートお願いしますネw←

どーいうキットかは前バージョンの記事を参照してほしい.

仕上がりの外観は従来版より純正チックに,安全性を確実なものに.より容易で作業時間を短縮した施工を目指した結果…


▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 11:22 PM | comments (60) | trackback (x) |




電圧降下対策キットVer.3 試作品取付


電圧降下対策キットの従来バージョンのリリースを停止して約半年…

より安全性と確実性…品質を求めてバージョンアップを図った.しかし,製品としてリリースするにはその性能を十分発揮するためには確実な施工である.確実な施工は施工者のスキルも多少あるが取付要領書…すなわちマニュアルである.特に電源ラインの施工不良は一歩間違えば車両火災である.ヒューズがあるからと侮ってはいけない.これに関しては前Verのキットでもアナウスしていた.

自車が燃えるだけでなく,公共の場所なら隣の車や器物,人命をも巻き込む恐れがある.かと言って,これからキットをリリースする一個人のボクはキットをボク自身の手で付けた訳でもなければ,その車両をその責任を負えない.しかし,ちょっとでもそれを防ぐべくマニュアルを作っている.安全性と確実性を出来る限り向上すべくである.

よってマニュアル(整備情報)は財産である.ノウハウである.最もキットで人件費が掛かっていると言ってもいい.

話が脱線したが,そのマニュアルが完成しない限り電圧降下対策キット(Ver.3)はリリースする気はなかった.Ace号やAce-GTS4号は既にその部位がマニュアルを作りようがない,純正からかけ離れてしまっている為,モニターと言うか臨床試験に立ち会ってくれるBNR32を密かに募集していたw


で,最寄にモニターとなってくれる,オーナーが現れた♪
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 08:38 PM | comments (3) | trackback (x) |




デジタル電圧計取付


以前から,当ブログで電圧降下を調査・改善していく段階でも何度か触れたかもしれない.意外と便利なR-VITという追加メーター.

電圧だけは他の電圧計やサーキットテスタ(ノーブランドからちゃんとした国産メーカー製まで)5個位で同じ部位で電圧を計測したが,R-VITはそれらの測定値に対して,マイナス0.2~0.3V程度低い値を表示する.それは判っていた.判っていたんだけど,精神的に本当に気持ち悪いし不快である.

最近,お手ごろな工作に最適なデジタルな電圧計を仕入れてみたのでインストールしてみる.


ただそれだけの記事であるw
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (x) |




Ace工房製BNR32・HNR32専用電圧降下対策キット,リリースのご案内


このキットはBNR32及び,HNR32のプラス側の電圧降下を改善する為のキットです.
注意:FR32,HR32,HCR32,ECR32はオルタネータ容量及びメインヒューズレイアウトが異なるので対応しません.また社外オルタネータや他車種のオルタネータを流用している場合は若干の加工が必要になる場合があります.
試作から,実験が完了し,よーやくキットリリースとなりました^^;

オルタネータをリビルトに替えたが,思い切って強化品に奮発したが…バッテリーは新しいのにイマイチ電圧が低いのではないか?

勿論,オルタがバッテリーが不調な場合もありますが,必ずそうとは言い切れません.あっでも,怪しい強化品は低下品だったりですが(爆)
現に今まで10台以上のBNR32の電圧降下を無断で片っ端から依頼作業ついでに勝手に診断してきました(爆)が,極上コンディションと思われる32でもほぼ8割の車両が電圧降下していました.

そして,純正のヒュージブルリンクは製造廃止となったようです.本キットを製造廃止となったヒュージブルリンクの対応策として導入される賢い方も居られます♪勿論,本キット導入でヒュージブルリンクは永久不要!

電圧降下は各電装品のパフォーマンスが発揮できないのは当然のこと,どんなに精密にO/HされたE/Gでも,最新のエアフロ・インジェクター・コイルウィズイグナイタ(スティックコイルとかダイレクトイグニッションコイルとも言う)を流用していても結局はそれらを動かすのは電気であり,その電気は配線で結ばれています.センサー・アクチュエータを良い物を奢ってもちゃんと電気が供給されなければただのウエイトに過ぎません.

予想以上に反響があり次期生産を予定を早めて進めることにしました.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 07:38 AM | comments (56) | trackback (x) |




【依頼作業】ルミン号,電圧降下対策キット施工


2ヶ月程前から,相談&依頼を受けていた件である.わざわざこの為に名古屋からルミン号がAce工房に来た.リフレッシュ休暇のフィナーレがウチの電圧降下対策キット施工ってサプライズになるのか?w

でも,ボクは土曜は基本勤務なので夜間対応です.申し訳ない^^;
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 01:01 AM | comments (0) | trackback (x) |





サイト内検索結果一覧