Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

【HNR32】タービンアウトレットナット緩み


ATFチビリを補修して…ついでに下回りの定期点検.E/Gオイル漏れは定番のカムカバー三日月プラグからだ.まぁこれも,直したら直しただが放置プレイ.

で,以前取替えたタービンアウトレットの固定ナットが一箇所のみ緩んで脱落寸前なのに気がつく.他のボルトナットに緩みは無い.

まぁ,社外アウトレット故にこの緩んでしまった部分はメガネもクローフックも勿論ソケットも入らず,スパナだけで締め上げた記憶がある^^;
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 11:53 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】タービンアウトレット取替


前々から一段落したらやろうと思っていたネタ…溶接補修してくれた,すけさんも忘れていたくらい温めていたw←

O2センサーソケットを買うのを忘れていたけどクローフックレンチで問題なく外れたの図.ネジかじりもなく良かった.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 11:22 PM | comments (0) | trackback (x) |




すけさん現る


話題が前後するが日曜日,朝…

すけさんが工房に現れる(^^♪
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 08:31 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】マフラー取替



先の記事に続いて,マフラー取替も便乗して進めることにした.

▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |




【HNR32】フロントパイプ取替


普段の足,通勤快速車両とは言え,排気系は手を入れたい.

ちなみにHNR32のAT車には社外フロントパイプの設定は皆無…というか調べて限り無い!

有名所だとアペックスからHNR32の設定はあったがMTのみ.しかしHCR32などの2WD車はMT・AT問わず設定があるようだ.

トルクコンバータのケースがデカイのかその周辺部品がひしめき合っているのかわからない.だけど,マフラーよりもフロントパイプフェチなAceは諦めたくない.というか付かないとか部品設定がないなら,なら俺がやってやる!位の天邪鬼気質が少しあるのでやってみることにした(笑)
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 07:10 PM | comments (0) | trackback (x) |




缶ピース号,フロントパイプ&マフラー取替お手伝い


ついにAce工房にもクーラーが導入されるの図.

スポットクーラーではなく,ウィンドクーラーを窓に設置せず据え置き使用なのでスポットか(笑).んにしても涼しいのは当然のこと,ドレン水が排出されないの仕様はイイ☆
今後,無くてはならないツールの一つとなったヾ(≧∇≦)

閑話休題.久々の土曜休みで一日DIYにつぎ込む時間を確保する( ´艸`)
先日より触媒をレンタルし現在はボクのBNR32純正触媒(刻印X3)が組まれているの缶ピース号.フロントパイプ以降をチェンジするとのことでやはり人としてギブアンドテイクは大事である.逆の立場で考えよう.貰いっぱなし,手伝わせっぱなし,してもらいっぱなしは良くない(笑).
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 10:12 PM | comments (0) | trackback (x) |




A/Fセンサー取付


外はまた積もり始めたらしい.まぁボチボチイってみよう(笑).

過去触媒の取替は頻繁に行っていたので触媒側のボルトは無問題として懸念されたタービンアウトレットとフロントパイプ接合部のナットはボルトの折損もなくアッサリ緩む♪

一本折れた時点で早々に作業を切り上げる気満々だったのにドラマが発生することもなく順調に進む(爆)
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 01:51 AM | comments (0) | trackback (x) |




マフラー検証他


先日取付けたチタンマフラーを検証すべく,天気もいいのでドライブすることに♪

ちょいと近隣のお友達に話を振ったら,音やフィーリングに興味があるそうな.
というわけで缶ピース号と合流である.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 11:58 PM | comments (0) | trackback (x) |




憧れのチタンマフラー


構想数年…
その間もアペックスN1エボリューションに何ら不満はなかった.しかし,藤壺のレガリススーパーTiへの憧れは消えなかった.


まずは取外したアペックスN1エボ(上)との比較の図.
中間タイコは外観こそ細いが中身はどんな感じかは双方不明である.中間タイコ~エンドタイコまでのパイプ径も細くなった.
▼続きを読む

| BNR32, HNR32::エキゾースト | 10:46 PM | comments (0) | trackback (x) |





サイト内検索結果一覧