Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

ホース製作&フィッティング修正,オイルクーラーサイクル漏れチェック


前回の続き.

オイルクーラーも日進月歩でフィンピッチが高密度化されているがステンメッシュホースもよりよく曲がり,軽いナイロンメッシュがだいぶ前から出てきているようで採用(笑).

実はナイロンメッシュと言いつつ,二重構造でナイロンメッシュの内側にはステンメッシュとちゃんとしている.今までのステンメッシュは曲がらないし,思いし,そのステンメッシュで干渉部位をE/Gの振動なんかで振れて擦れて攻撃するのでこいつはイイ☆
トラブルとなる要因を減らすべくサイクルは短くポンプに負荷を与えないようにホースはすこぶる短い(笑).

と言っても,エンジンブロックとエレメント移設ブロックのホース長はE/Gの振れも意識しつつ…でも長すぎると周りと干渉したり圧迫するのでクソ狭い部位で数回脱着してフィンティングを決めている.今回この部位がエレメント移設ブロックのブラケット製作についでモノかったなぁwww

ホースエンドもこの機会に全て新調する.エレメント移設ブロックとオイルクーラコアとのフィッティングは難しくは無い.


E/Gオイルを補充…どーせ今年もあと何回か乗れればいいのでオイルエレメントは新調したものの,モノタロウのSM規格だったかの部分合成油10W-30を補充して各部継ぎ手及びコアの漏れがないかを何度もチェック.

レーシングして純正油圧計読みで7kg/cm2位まで負荷掛けて時間を置いて何度かチェック.つか,久々にE/G掛けたよーなwww


OKである.

続く.

| BNR32, HNR32::オイルエレメント移設キットの移設 | 09:24 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧