Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

EAGLE REVSPEC RS-02 255/40R17 94W ファーストインプレ


仕事帰りに昨日タイヤ取替で預けたAce-spec号を取りに行く.

見た目がアソパソマソみたいで気に食わないアジアンな595RS-Rとおさらばし,引き締まったショルダーとなった.うん♪改めて国産に戻ってよかった.
銘柄はGOOD YEAR EAGLE REVSPEC RS-02 サイズは255/40R17 94W.装着ホイールはMine's LM Evolution(LM101 17インチ 9.5J オフセット25 カラー変更あり)である.
ここでインプレの前にタイヤ空気圧について調べてみた.今まで大体2.5キロ(kg/cm2)程度とテキトーに思っていたが,どこかで腑に落ちない部分があった…今更ながら調べてみた.
つか,そもそも…Ace-spec号はボクの手元に来たときからタイヤ空気圧シールがなかったので今回V-specII用のラベルをまず取り寄せ.

ラベル上での純正タイヤの荷重指数(ロードインデックス)は94.当然JATMA規格である.ロードインデックス94に対してJATMA規格での負荷能力は670kg.

今回装着したタイヤは同じ94でJATMA規格なので空気圧は純正と同様の2.3kg/cm2…単位をPaにすると端数切捨てて約225kPa.まぁ超高精度で測れるタイヤゲージはまずもっていないのと測り誤差もあるだろう,概ね230kPaとなる.

例えばこれが255/40R17 98Y XLとかになるとロードインデックスはEXTRA LOAD規格で負荷荷重が純正670kgと同等になる値を探していくと250kPa.単位を戻すと約2.54kg/cm2.といっても今流通しているほとんどのゲージはkPa表示だと思われる.

上記写真は参考画像(ミシュラン パイロットスポーツ)
知らないと本来のタイヤの性能を発揮できないことにもなるんだね.改めて勉強になりました.

一応忘れないために,取り寄せたラベルとセットで貼っておいた♪


さて,閑話休題.
空気圧を冷間230kPaに設定しファーストインプレ♪

最初に動き出した瞬間から,ちょっと段差を越えて敷地から道路に出る瞬間から違う!つまりは以下にタイヤがダメになっていたかと気付かされた^^;
わだちでハンドルが持ってかれない.直前まで車高を調整していろいろ試していたのが嘘みたいである.言い方を替えればO/HしたエナペタインBPSキットも今まで本領を発揮していなかったというわけか.
グリップ性能はDZ101と同じくらいかもっとか.とにかく不快感は消えた☆

595R-Sの具合が良かったのは最初…はじめの1,2年だけだろう.とりあえず,理想のクルマ像にさらに近づいた(^^♪

施工時の走行距離:117457km

| BNR32, HNR32::タイヤ・ホイール | 09:02 PM | comments (0) | trackback (x) |


コメント

コメントする















サイト内検索結果一覧