Ace工房

バブルの申し子BNR32と共に…

純正ヒュージブルリンク廃止


先日,点火時期をバッチリ見直して一段落したところで夏場からやろうやろうと温めていたネタである.

別にバッテリーを移設したからではない.移設せずとも将来的に考えていたネタである.

準備したのはオーディオテクニカ製,MIDIヒューズ及び同ホルダー.カーオーディオに目覚めたわけではない(^^ゞ
自動車電装に携わっていて,BNR32より新しい年式のクルマから,もっと●●したらイイのに♪っていうヒントを得ることがある.

では本題に入ろう.首題の件,以前電圧降下を調べている時,電気負荷を与えたアイドリング中にヒュージブルリンクを触るとそこそこ発熱していることに気がついた.ヒューズって発熱して切れるので当たり前と言えば当たり前だろう.

ついでにこのヒュージブルリンク,コネクタで車両オルタネータハーネスとソケット化されたバッテリー+ターミナルに接続されている.ヒュージブルリンクの色で判断すると紺色なので100A.今純正新品を取ると部品が統合されたのか白色のものが来るらしい.白規格は120A.

余談だがBNR32とHNR32以外のつまり4WD以外のグレードなR32では新車時の搭載オルタネータは80A仕様でそれに併せてヒュージブルリンクはなく,ジャンクションBOX内のメインヒューズ75A(BNR32とHNR32はこの部分は空)だと思われるが実際に実車を確認し比較したわけではない(^^ゞ

話を戻そう.BNR32のオルタネータはピーク出力90A.たまに勘違いしている輩がいるけど常時90A出ているわけではなく走行中は常にE/G回転数は一定じゃないのと走行条件に併せて負荷も一定じゃないのと,そもそも一般的に車載状態ではBNR32に限らずピーク出力の8割程度.よって70A弱と推測する.

ヒュージブルリンクが発熱するのはそんなもんだろうけど,その両端のコネクタの中の端子は極々フツーの平端子である.8sq位のコードなのでそれなりなサイズの平端子だが平端子同士接触面積と接触圧なんてたかが知れている.こんな接触部位でピーク70Aオーバーを受け止めているのが好きになれなくて(笑).あくまでも一個人の意見ね.数十A以上はやっぱボルト止めが間違いない☆

で,昨今のクルマはといいますと,ヒュージブルリンクはコネクタになっておらずオルタネータ+Bハーネスを切開するとビニルでコーティング保護された中に直カシメだったり,+ターミナル内に透明なケースに収まったヒュージブルがいたり,ジャンクションBOX内に透明な天板のケースになったスローブローヒューズ(呼び方によってはメインヒューズとかヒュージブル,最近ではコイツのことをヒュージブルリンクとも言うことがある)がいる.でコイツの規格をみてみると,大体70Aや80Aの物を境に平端子ソケット固定からボルトナット締結に変わっているわけで.


バッテリー+ターミナルにブロックとしてレイアウトされている例.


上記画像の拡大.このタイプは一つでも切れるとASSY交換となる場合がある.


参考.ティーノのジャンクションBOX.オルタネータのヒュージブルは写真中央のネジ止めされた紺色100A.


参考.ストリーム(初代)のジャンクションBOX.オルタネータのヒュージブルは写真中央のネジ止めされた紺色100A.


参考.FUSOキャンター(3世代前位のプロ目)のジャンクションBOX.60Aのヒュージブルは平端子な差し込み式だが中央の紺色100Aオルタネータヒュージブルはネジ止め式.


参考.マークX ZIOのオルタネータ+Bハーネスを切開したもの.丸端子はバッテリー+ターミナルにボルト締め.写真下のは比較用に並べたBNR32純正ヒュージブルリンク.

前置きは長くなったが作業に入ろう( ^^)/

当初計画段階だった試作1号.Ace号はバッテリー移設に伴いR33のジャンクションBOXを既存バッテリースペースレイアウトし中に+ターミナルを格納している.スペース的に十分なので100Aスローブローヒューズ及び簡易的な感じのホルダを設ける予定だった.

そこに年間数十万を投じるカーオーディオマニアなチーフのアドバイスより,オーディオ用のヒューズホルダを使った方がスリムで仕上がりもいいのと,元々100Aを越える電気大食いな高級ウーハーやアンプに使うことを前提としたヒューズなのでオルタネータ+Bヒューズとして使う分にも十分なスペックを持っているので採用決定☆

早速,純正ヒュージブルリンクを撤去,ヒュージブルリンクの相手側ハーネスコネクタも撤去.この中の平端子(写真右寄り)に注目.緑青まではいかないものの腐食しはじめていた.まぁ常に+B掛かってるしそんなもんか.仮に純正ヒュージブルリンクを新品チェンジしても根本的な解決にはならない罠.


撤去した端子は色が悪いが被覆を向いた芯線は劣化を感じられない位綺麗だった.ボルト締めのMIDIヒュ
ーズ&ヒューズホルダを投入する.スリムで透明なケースなので仮にバッテリーを移設してなくて純正位置でも問題なく周りと干渉せずレイアウト可能.


施工が完了する.仮にバッテリーを移設をやめて純正位置に戻したとしても問題なくレイアウトできるように取り回しておいた.元々の純正ヒュージブルリンクが刺さる+ターミナルの空きにはバッテリー充電器のヒューズハーネスを移設しまとめた.まぁ自己満足ですな(笑)

で…何か変化は見受けられたか?

簡潔に言うならば,もっと早く施工するんだった(笑)

自己満足だと割り切って作業に望んだが,過去のバッテリー移設前からのIG電源電圧降下検証の時(この時は+BとIG間の落ち込みを改善)より明らかに違いが判る位,大元の電圧降下は改善された(^-^*)

各値は写真で記録までは取っていないが限りなく電圧降下は無くなった.ただ夏場に比べて冬場は気温が低いのでちゃんとした比較にはならないが,

1.暖気運転後アイドリング時,電装負荷はノン灯火,A/C及びブロワOFFにてコンサルトIG電源(R-VIT読み)で14.0~14.2Vでずっと14Vを切らなかった.

2.上記1.のアイドリング状態から電装負荷はヘッドライトハイロー同時点灯,ウィンカーポジションON,A/C及びブロワ最大風量にてON,コンデンサ電動ファン強制ONにてコンサルトIG電源(R-VIT読み)で13.6~13.9V

勿論,この結果は冬場故,夏場ほどE/Gルームの熱がこもらず,オルタネータの発熱による抵抗増大が少ないのも挙げられるので単純比較とは行かないが施工直前の値よりも明らかに落ち込みが少ないのは事実だ♪

あんな状態の端子で数十A流れてもマトモには流せてないのは言うまでもない.コネクタハウジングを撤去し端子だけにして稼働中に直に手で触ってみて熱いのを確認したかったが端子を抜き差しした時点でまた当たりが変わるし過ぎたことなので.

では仮にオルタネータハーネスを新品に替えたとしても先にも挙げたがヒュージブルリンクの接続端子が平端子ではいずれは劣化によりまた同じ用なことが発生するだろう.根本的な解決にはならない.接点復活ケミカルなんかも所詮は一時しのぎで根本的解決ではない.つか数十アンペア流れる端子がケミカルで解決するんならみんなやってるだろう(笑).むしろ端子は接触圧命だし.

ではバイパス線を作れば?それも細い線だと意味はない.基本的に既存オルタネータハーネスと同様の太さの線材を使わないと不平衡が発生するしレイアウトや施工が悪いと+B線故に最悪車両火災にもなりかねない.まぁバイパス線と既存純正ハーネスのどっちにも電気は流れるんだけど,流れやすい方ばかりに集中して流れるので結果として悪い方向に働く恐れもある.ならば既存のヒュージブルを加工しシンプルな方が施工も楽でリスクも少ないのだ.

後日,そして夏場にゆっくり時間を取ってまた記録しようと思う☆

施工時の走行距離:111573km

2013/12/15追記.とりあえず,冬場であるが記録を取ってみた.良好也☆

2015/3追記.より合理的かつ効果的な施工を他の車両で行ってみた.

2016/2追記.上記記録と試作を繰り返して得たノウハウを元にキット化してみた.

| BNR32, HNR32::バッテリー・ターミナル・ケーブル・電圧降下 | 11:45 AM | comments (2) | trackback (x) |


コメント

| ひらちゃん | URL | 2017/05/30 08:19 PM | gTYrneC. |
関西組のひらちゃんです。
Aceさん、ご無沙汰しております。
以前2年程前の弾丸会長主催の全国総会でお会いした以来ですが...

早速ですが質問させて頂きます。
Aceさんの立案されたやり方でヒュージブルリンクの撤廃を試みたいと思っているのですが、ハーネスの太さで悩んでいます。
オーディオケーブル又はアースハーネスで代用を考えているのですが、流石に太い100A対応のハーネスを圧着させて取付ける道具はありません。
”元々ヒュージブルリンクまでの+配線も何処まで許容Aがあるのか分かりかねますが...”
自分の考えとしてはあくまでケーブル対応電流は許容Aなのでそこまで真摯に受け止める必要もなく、または許容A30〜40A程度のケーブルを2本並列にすれば良いと思っています。
大変しょうもない質問なのですがお手隙の時に知恵を貸して頂きます程よろしくお願い致します。
また加工等は自己責任であり回答頂いた件の責任は無論あ
りませんのでよろしくお願い致します。

現在当方の愛車ですが、電圧降下が酷くなっており、取り敢えず純正ヒュージブルリンク交換にて対応します。

| Ace | URL | 2017/06/12 08:21 PM | N80z70kI |
>ひらちゃんさん
お久しぶりです.お返事大変遅くなりすみませんm(_ _)m

まずアース線や一般的なオーディオケーブルは被覆が薄いのでオススメしません.
細いケーブルを並列引きとの事ですが,電気は流れやすいところに集中して流れるので2本引いたら負荷が必ずしも1/2に分流するとは限りません.また狭いスペースでのオルタネータ+B端子に2本も端子を接続するのは怖いですね^^;

現在,より簡単に施工できる電圧降下対策キットVer3を開発中です.ご検討下さい.

コメントする















サイト内検索結果一覧